簡単!SIMカードの抜き方・挿し方

SIMカード,抜き方,挿し方

SIMカードの抜き方・挿し方大手キャリアだと自分でSIMカードの抜き挿しはあまりしませんが、格安SIMを使う場合は基本的に自分でやらないといけません。しかしご安心を、簡単な作業です。ここではSIMカードの抜き方・挿し方を解説します。

SIMカードを抜き挿しする際の注意点

SIMカードを抜き挿しする際の注意点
  • 作業スペースを綺麗にしてSIMカードをなくさないように
  • 静電気に注意
  • SIMカードに汚れや水滴が付かないように
  • 防水端末はフタにも注意
  • アダプターを使う時は空挿ししない

まず初めにSIMカードを扱う際の注意点ですが、小さいカードですので作業スペースを綺麗にしてなくさないように注意してください。また電子カードですので静電気に気をつけてください。作業前に金属製のもの(机の脚やドアノブなど)に触れて帯電してない状態になってください。特に冬場は気をつけましょう。

それと付ける際に汚れや水滴がついていないか確認してください。ショートしてしまう原因になります。もし汚れが付いていた場合、柔らかい布(できればマイクロファイバー)で端子部を軽く拭いて下さい。ごしごし強くこすってはダメですよ!あまりにひどい場合はキャリアに連絡して交換してもらいましょう。

また、防水端末はSIMカードが入るところのフタも注意してください。フタの閉じ方が中途半端になっているとそこから水が入ってしまいます。フタにゴミが付いていても微妙な隙間ができる可能性があるので、フタにゴミが付いていないか確認してください。

最後に端末に合ったSIMカードサイズを使って下さい。1番小さいnanoSIMとアダプターを利用することでサイズ変更も出来ますが、できるだけ端末にあったSIMカードを使うことで余計な出費も抑えられます。アダプターを使う際は、SIMカードをセットしないで空挿しはしないでください。内部に引っかかって取れなくなったり、無理矢理引き抜くと端末が壊れる可能性があります。

SIMカードの抜き方・挿し方

SIMカードの抜き方・挿し方

端末によってSIMカードが入っている位置は違います。基本的には取扱説明書に書いてありますが、主な端末の交換方法を書いておきます。

iPhoneとiPadのSIMカードの抜き方・挿し方

iPhoneのSIMカードの抜き方・挿し方iPhone5とiPad Pro/iPad Air以降/iPad mini以降はnanoSIMが使われています(Appleサポートページ)。

iPhone・iPad共に本体右側に針が入るくらいの小さな穴があるので、ペーパークリップか本体を買った際に付いてくるSIM取り出しツール(クリップみたいなもの)で穴に差し込んで押すとトレイが飛び出します。ちょっと固いので開かない場合は少し強めに押してみて下さい。

参考:Apple-iPhoneやiPadのSIMカードを取り出す/移し替える

ZenFoneのSIMカードの抜き方・挿し方

ZenFone2のSIMカード交換

ZenFone2のSIMカード交換

ZenFone2シリーズはmicroSIMのダブルスロット、ZenFone5シリーズはmicroSIMが使われています。

ZenFone3シリーズはmicroSIMとnanoSIMのダブルスロットです。

ZenFone2シリーズ、ZenFone5シリーズはまず、バックパネルを外します。ZenFone2は本体右下ZenFone5は本体左下にある溝に爪を引っかけて後ろに外す感じです。次にSIMカードの金属の端子が下に向くようにスロットに挿入します。SIMカードを挿したらバックパネルを戻します。全体を押して隙間ができないようにしてください。

ZenFone3シリーズはダブルスロットです。抜き方は上のiPhoneと同じく穴にペーパークリップかSIM取り出しツールを使って差し込むタイプです。

参考:ASUS-ZenFone2マニュアル&ドキュメント

XperiaのSIMカードの抜き方・挿し方

XperiaシリーズはmicroSIMまたはnanoSIMが使われています。

Xperiaシリーズは本体横にSIMカードを入れる挿入口があるので、トレイを取り出し、SIMカードを乗せて元に戻すだけです。