IIJmio取扱説明書-評判から注意点まで細かく解説

IIJmio

IIJmio(アイアイジェーミオ)はMVNOのシェアTOP3に入る信頼性の高いMVNOです。ユーザー数の多さの割に他のTOP3の楽天やOCNと比べても通信速度は安定しています。通話定額も充実していて格安SIMの王道を歩んでいるのがIIJmioです。また回線がドコモ系かau系か選べるのも特徴です。

IIJmioは通信事業者の大手IIJが運営しているMVNOです。IIJは日本で初めてプロバイダを始めた会社で、通信事業の歴史は古いです。MVNO事業は2014年3月より開始。

IIJmioと他社との比較やIIJmioの評判を詳しく解説します。

IIJmioを選ぶべき7つの理由

  1. 格安SIMの王道
  2. 料金が安め
  3. 回線はドコモ系・au系両方、通信速度は「普通」ランク
  4. バースト機能がある
  5. 通話定額が充実している
  6. IIJmioひかりセットがかなり大きい割引
  7. 販売店舗が多く47都道府県で店頭手続き対応

格安SIMの王道

IIJmioは、通信事業の歴史が長く、技術力も高いので月額料金の値下げやバースト機能など常にMVNOの先頭に立って格安SIMの普及に努めてきました。また、DMMモバイルやエキサイトモバイルに通信設備を貸したりと、大変信頼性が高いです。まさに格安SIMの王道を歩んでいると言ってもいいでしょう。

料金が安め

月額料金はやや安めの設定です。中でもau系の回線では最安値クラスの値段になっています。

回線はドコモ系・au系両方、通信速度は「普通」ランク

ドコモ系の回線とau系の回線両方を選べます。ドコモで使っていた端末はSIMロック解除なしで基本的に使うことができます。田舎でも繋がりやすいのがドコモ系回線です。au系の回線はSIMロックをすれば使える端末が多いです。また、通信速度は朝など混んでない時間はほどほどの速度が出ますが、お昼は遅くなります。下で詳しく解説します。

バースト機能がある

バースト機能は低速に切り替わっても最初の一定量だけ高速通信で読み込むので、ネットをしていても軽いサイトならストレスを感じず見ることができる機能です。データを使いすぎても安心です。下で詳しく解説します。

通話定額が充実している

みおふぉんダイアルのアプリで通話料が半額になったり、家族間(同じID)の通話が安くなる家族割引があります。さらに通話定額は「誰とでも10分かけ放題+家族と30分かけ放題」(830円/月)と「誰とでも3分かけ放題+家族と10分かけ放題」(600円/月)の2つがあり、かなり充実した通話機能になっています。10分以内の通話定額をやっているところは少ないので、10分以内の通話が多い人はIIJmioを選ぶべきです。

IIJmioひかりセットがかなり大きい割引

何気に大きいのが、このIIJmioひかりとのセット割です。-600円/月という金額は他のMVNOの光セット割に比べると大きい方です。IIJmioひかりに入っている人はかなりオススメです。

販売店舗が多く47都道府県で店頭手続き対応

販売している実店舗がかなり多く、47都道府県で店頭手続きできます。店舗でしっかり説明を聞くこともできるので、初心者にとって安心です。

IIJmioを使う際の注意点

  1. データ量の選択肢がやや少なめ

データ量の選択肢がやや少なめ

唯一IIJmioで気になるのが、データ量の選択肢が少なめだったことですが、2017/6/1より20GBと30GBのデータオプションが始まります。これでIIJmioの死角がさらになくなりました。「迷ったらIIJmio」になりつつあります。

IIJmioの料金プランの比較と解説

  • ドコモ回線のタイプD、au回線のタイプAに分かれている
  • タイプDはやや安め、タイプAはかなり安い料金になっている
  • 10GBプランは基本的にデータシェアをしないと割高
  • エコプランは余った容量0.5GBごとに100円バックされる
  • データオプションを契約することで大容量(20〜40GB)使うことが出来る

IIJmioの回線は基本的にドコモ回線のタイプDと、au回線のタイプAに分かれています。以前のauの端末を持っている人は料金が安いau回線を利用してもいいでしょう。

料金プランの比較と解説

データSIMの料金プラン
月額料金 データ容量 料金/1GB 最安値との比較
タイプD(ドコモ回線) SMSは+140円/月
900円 3GB 300 +60円(DTI)
1520円 6GB 253 +70円(BIGLOBE/OCNモバイルONE)
2560円 10GB 256 +440円(DTI)
タイプA(au回線) SMSは無料
900円 3GB 300 +-0円(mineo au系)
1520円 6GB 253 -60円(mineo au系5GB)
2560円 10GB 256 +40円(mineo au系)
音声通話SIMの料金プラン
月額料金 データ容量 料金/1GB 最安値との比較
タイプD(ドコモ回線)
1600円 3GB 533 +110円(DTI)
2220円 6GB 370 +70円(BIGLOBE/OCNモバイルONE)
3260円 10GB 326 +460円(DTI)
タイプA(au回線)
1600円 3GB 533 +90円(mineo au系)
2220円 6GB 370 +30円(mineo au系5GB)
3260円 10GB 326 +130円(mineo au系)
データオプション
月額料金 データ容量 料金/1GB 最安値との比較(参考)
3100円 20GB 155 DMM/エキサイトが20GBで3980円(データSIM)
5000円 30GB 167 楽天モバイルが30GBで5450円(データSIM)

IIJmioの回線はドコモ回線(タイプD)とau回線(タイプA)に分かれています

データSIMのドコモ回線はSMSはオプションで140円/月かかり、au回線はSMSは標準で付いてきます。
3GBプランはミニマムスタートプラン、6GBプランはライトスタートプラン、10GBプランはファミリーシェアプランと言います。

IIJmioのデータSIMは全体的に安めです。ドコモ回線の3GB・6GBは最安値と僅差なので、IIJmioの信頼性を取るなら十分誤差の範囲でしょう。10GBはSIM1つで使うとやや高い印象ですが、データシェアすることが前提です。データシェアについては下で詳しく解説しますが、例えば4つのデータSIMでシェアすると(2560円+追加SIM代400円)=2960円で4つのデータSIMを使えることになります。単純に割るとSIM1枚で2.5GB・740円という最安値クラス(参考DMMモバイル2GB→770円)の値段で使うことが出来るようになります。

au回線の3GB・6GBのプランは最安値クラスになっていて、SMSも標準で付いているのでかなりお得なプランです。10GBもau系の中では安めで、データシェアもできるので家族などで複数枚で使う場合お得です。

データオプションが2017/6/1より開始されます。

データオプションは通常の契約に追加してデータ量をオプション契約できることで、例えばデータSIMの3GBプランと20GBのデータオプションを契約すると合計23GBを4000円で使うことが出来ます。この料金設定はけっこう安く、最安値クラスで大容量を使うことが出来ます。今までIIJmioは大容量に弱かったですが死角がさらになくなりました。

エコプランの料金プランの比較と解説

月額料金 データ容量 料金/1GB 最安値との比較
SMS付きデータSIM(au回線)
900円 3GB 300 +-0円(mineo au系)
1700円 7GB 243 参考:mineo au系5GB 1580円
音声通話SIM(au回線)
1600円 3GB 533 +90円(mineo au系)
2400円 7GB 343 参考:mineo au系5GB 2190円

エコプランはデータ量が余ると0.5GBごとに100円バックになるプランです。

データSIMの最低金額はそれぞれ500円で、例えば1.3GBしか使わなかった場合は900円-300円=600円になります。0〜1GBしか使わなかった場合は最低金額の500円になります。

音声通話SIMの最低金額はそれぞれ1200円で、例えば1.3GBしか使わなかった場合は1600円-300円=1300円になります。0〜1GBしか使わなかった場合は最低金額の1200円になります。

au回線しかないのが残念なのですが、1〜2GBしか使わない人にはかなり割安になるプラン(参考:mineo1GBデータSIMは800円、音声通話SIMは1410円)なのでオススメです。3GB〜7GBも通常プランより若干割安になります。

注意点は、通常のプランへの変更ができないということと、データの繰り越し機能はないということ、追加チャージが出来ないと言うことです。繰り越しとチャージができないので余裕をみて5GBくらいまで使う人ならオススメです。最低利用期間などは通常プランと変わりません。

ファミリーシェアプランの料金プランの解説

ファミリーシェアプランの料金プランの解説
初期費用
データSIM・SMS付きデータSIM 2000円
音声通話SIM 2000円
月額料金
4枚目以降 400円/月
データSIM 0円/枚
SMS付きデータSIM 140円/枚
音声通話SIM 700円/枚
対象プラン
全てのプラン
最大SIM枚数
10枚
追加端末の名義変更
必要
  • 3GB・6GB・10GBのプランで利用できる
  • 3・6GBは最大1枚追加(合計2枚)、10GBは最大9枚(合計10枚)追加できる
  • 追加SIMの利用料は、4枚目以降400円/月
  • 別途追加1枚ごとに、SMSデータSIM+140円/月、音声通話SIM+700円/月加算
  • 名義を1つにすればMNPも可能

IIJmioのデータシェアは全てのプランで利用することが出来ます。また回線が違っても同じ容量のプラン(例えばタイプDの3GBとタイプAの3GB)であればデータ量をシェアすることができます。これはIIJmioだけのオプションで、ドコモ系の端末・au系の端末の両方持っていて運用したい場合に便利な機能です。

3GBと6GBのプランは追加で1枚(合計2枚)のSIMを使うことが出来ます。追加すると400円/月かかるので、そこまでお得感はないですが、10GBプランの追加料金は4枚目以降なのでデータシェアで使うとお得に使うことが出来ます。10GBプランは最大10枚のSIMを使うことが出来ます。例えば4つの音声通話SIMでシェアすると(2560円+音声通話代700円×4+追加SIM代400円)=5760円で4つの音声通話SIMを使えることになります。単純に割るとSIM1枚で2.5GB・1440円という最安値クラス(参考DMMモバイル2GB→1380円)の値段で使うことが出来るようになります。

(例)1人でスマホ+タブレットで使う場合
プラン 月額料金 3GB単体契約よりいくら安い?
(主)音声通話SIM 6GB 2220円
(追加)データSIM
合計 2220円 -280円
(例)3人でスマホを使う場合
プラン 月額料金 3GB単体契約よりいくら安い?
(主)音声通話SIM 10GB 3260円
(追加)音声通話SIM×2 700円×2
合計 4660円 約-140円

その他の費用

初期費用
契約事務手数料 3000円
SIM発行手数料
解約手数料
データSIM なし
音声通話SIM 12ヶ月以内は
(13-開始月 を1ヶ月目とした利用月数)×1,000円
通話料金
20円/30秒
その他費用
SIMサイズ・カードの変更 2000円
追加SIM利用料 400円/月
(3GB・6GBは最大1枚追加可能、10GBは4枚目以降10枚まで)
SIM損害金
MNP転出手数料 3000円

月額料金以外のかかる費用はこの通りです。

SIMサイズの変更は契約途中で、機種変更したときにSIMカードのサイズが変わったら必要です。SIM損害金は解約時SIMを返却しないと払わなければいけない料金です(返却すればなしです)。

追加SIMは3GBと6GBプランは1枚追加可能です。10GBプランは10枚までで4枚目以降から料金がかかります。また音声通話SIMは最大4回線までです。

IIJmioの追加チャージ料の比較と解説

データ量 料金 料金/100MB 最安値との比較
100MB 200円 200 +50円(mineo)
500MB 1500円 300 +1120円(DTI)
2GB 3000円 150

IIJmioのチャージ料は標準的な金額です。500MBと2GBのチャージは店頭で購入できるIIJmioクーポンカードからのチャージです。100MBのチャージは30回まで可能なのでよほど大容量を追加しない限りは100MBのチャージでいいでしょう。

IIJmioの速度と制限の比較と解説

  • IIJmioの通信速度は「普通」ランク
  • ドコモ回線は日数による制限容量はなし
  • au回線は3日で6GBで制限有り
  • データ容量を使い切ると200kbpsに制限される

2016年は格安SIMを使う全体ユーザー数も増えて各社軒並み通信速度が下がってきています。IIJmioもやや低下傾向にはありますが、比較的安定した速度を見せています。空いている時間帯は快適な者の、お昼時など混雑時はやや遅くなったりします。2017年2月現在IIJmioの通信速度は「普通」ランクです。

速度/安定性 MVNO
安定 UQmobile
良い DTI、mineo
普通 BIGLOBE、b-mobile、DMMモバイル、エキサイトモバイル
FREETEL、IIJmio(D)、NifMo、nuro mobile
OCNモバイル、楽天モバイル、U-mobile
要注意 U-mobile(無制限)
様子見 LINEモバイル、IIJmio(au)

IIJmioのタイプD(ドコモ回線)は高速通信を利用している時は、日数による制限容量はありません。制限容量を気にせず使えるのは安心です。タイプA(au回線)は3日で6GBという制限があります。両タイプとも、低速時(200kbps)に3日で366MB使うと速度制限される可能性があります。

他社と同じく、契約通信容量を使い切ると、その月が終わるかデータをチャージするまで200kbpsに制限されます。

快適な通信速度の格安SIMまとめ 2017年7月版

2017.01.12

IIJmioのオプションの比較と解説

機能 あり/なし
ネットワーク機能
SMS 140円/月(タイプDデータSIMのみ)
テザリング
国際ローミング
ボイスメール
データ繰り越し
データ量シェア
バースト機能
+高速・低速ONOFF機能
カウントフリー機能
Eメール
Wi-Fiスポット
電話機能
通話定額・通話割引 みおふぉん利用で10円/30秒
ファミリー割引あり
3分&家族10分定額600円/月
5分&家族30分定額830円/月
国際電話
キャッチホン(割り込み電話) 200円/月
留守番電話 300円/月
迷惑電話ストップサービス ○(タイプAは100円/月)
三者通話
転送電話
番号通知リクエストサービス
その他オプション
店頭手続き
遠隔操作サポート
訪問レクチャー
端末保証 500円/月(全ての端末対象)
セキュリティ 250円/月
端末保証+セキュリティパック
フィルタリング 360円/月
口座振替
割引サービス エコプラン
IIJmioひかりとのセット割-600円/月
申し込み可能数 3GB・6GBは2枚
10GBは10枚
うち音声通話SIMは5枚まで

IIJmioのオプション一覧です。特徴を説明していきます。IIJmioのオプションは豊富で、データ機能も電話機能も揃っています。

ネットワーク機能

タイプD(ドコモ回線)のデータSIMに付けるSMSサービスは140円/月でやや安い値段です。またタイプA(au回線)は標準で付いているので基本料金に含まれています。

データ繰り越しやデータシェアも可能です。

また、低速時に最初の一定量だけ高速通信できるバースト機能も備えています。低速時も軽いサイトを見るくらいなら快適になるので、便利な機能です。さらに高速通信のON/OFF機能が付いているので、データ量を消費したくないときは高速通信をOFFにして、低速に切り替えて使うこともできます。

電話機能

IIJmio通話料金

※2017/5/1より誰とでも5分かけ放題が10分に拡大されます。

IIJmioの電話機能は通話半額アプリや通話定額など充実しています。

みおふぉんダイアルのアプリを使うと通話代が半額の10円/30秒になります。電話回線を使っているので音質は変わらないので電話をするときはこれを使いましょう。月に30分以内の通話ならみおふぉんダイアルを利用するのが一番お得です。国際電話も一部の地域を除いて10円/30秒になります。さらに同一ID同士の通話(家族間)の場合は、8円/30秒の通話料金になり、かなりの割引率になります。

通話定額は「誰とでも10分かけ放題+家族と30分かけ放題」(830円/月)と「誰とでも3分かけ放題+家族と10分かけ放題」(600円/月)の2つがあります。家族とかけ放題ができるのはIIJmioだけのサービスです。通話が長い人は10分かけ放題、短い人は3分かけ放題を選べて便利です。また、10分かけ放題はMVNOでは珍しく電話をする人にとってはかなり強力なオプションです。

その他、留守番電話やキャッチホンなどの機能も揃っています。

月に30分以上長時間の通話する人は通話定額がある格安SIMの方が安くなります。詳しくは以下の記事を参考にしてください。

【比較表】通話料金・かけ放題プランで選ぶ!オススメの格安SIM

2017.01.05

その他のオプション

その他のオプションも揃っています。

店頭手続きは、ビックカメラやソフマップ、イオンのSIMコーナーなどで出来ます。47都道府県で店頭手続きができ、その他のお店(東海地方の郵便局など)も多いので店頭手続きはかなりしやすいでしょう。

端末保証やセキュリティ、子供向けのフィルタリングなどのオプションも提供されています。

割引サービスは、上で説明した通信量によって割引される「エコプラン」とIIJmioひかりとのセット割で-600円/月になる「IIJmioひかりセット割」があります。ひかりセット割はMVNOトップクラスの割引率なので、家で光回線を使っている人は是非ともセットにしたいです。

IIJmioの評判

料金・データ量・通話などの評判

  • みおふぉん通話アプリは安くなるし、音質も変わらないので重宝している
  • 大手キャリアの時と比べて半分以上安くなったので満足
  • 高速と低速を使い分けられ、節約したいときに便利
  • mioひかりとのセット割でかなりお得で嬉しい
  • そんなにデータを使わないので1GBや2GBの容量が欲しい→エコプラン

料金やデータ量に関しての不満はほとんどありません。通話定額も揃っているので通話が多い人にもオススメです。セット割の金額が大きいのは嬉しいポイントです。

通信速度の評判

  • 家ではWi-Fiで、地図やwebの検索くらいだが快適
  • 動画もストレスなく見れて満足
  • 若干遅いときもあるが、そこまで気にならない
  • お昼は遅く感じる時がある

通信速度は賛否両論といったところです。お昼は遅くなりますが、他の時間帯では比較的安定しているので使いやすいです。

手続きのしやすさやサポートの評判

  • 店頭購入できるのがいい
  • マニュアル通りすれば手続きは簡単
  • サポートは丁寧で、キモチのいい対応をしてもらえた
  • サポートの電話はやや待った

手続きはマニュアルもあるので簡単です。店頭購入できる場所も多いので、自分での設定に不安がある人にもオススメです。

IIJmioのまとめ・こんな人にオススメ

IIJmioはこんな人にオススメ!

  • 信頼性の高い格安SIMを使いたい人
  • 通話が月に30分以内の人
  • 10分以内の通話が多い人
  • 家族への通話が多い人
  • 通信速度はそこそこでいい人
  • IIJmioひかりを契約している人

IIJmioまとめ!

  • ドコモ回線、au回線両方選べる
  • 料金は全体的に安め
  • プランはやや少なめ
  • オプションは豊富

IIJmioでiPhoneを使う

IIJmioではiPhoneも使うことが出来ます。対応状況は以下の表の通りです。auやソフトバンクが販売しているiPhoneには正式対応してないので注意してください。

iPhone 対応状況 テザリング アンテナピクト問題
SIMフリー版iPhone
iPhone3GS 対応
iPhone4 対応
iPhone4S 対応
iPhone5/5c 対応
iPhone5S/SE 対応
iPhone6/6Plus 対応
iPhone6s/6sPlus 対応
iPhone7/7Plus 対応
ドコモ販売iPhone
iPhone5
iPhone5S/5c 対応
iPhoneSE 対応
iPhone6/6Plus 対応
iPhone6s/6sPlus 対応
iPhone7/7Plus

IIJmioの格安スマホ

IIJmioでセット販売している格安スマホの一覧です。

メーカー スマホ 対応 値段(24ヶ月分割) 値段(一括)
ASUS ZenFone Zoom S D/au 2200円 52800円
ZenFone AR D/au 3350円 79800円
ZenFone3 Max ドコモ 850円 19800円
ZenFone3 Laser D/au 1200円 27800円
ZenFone3 D/au 1380円 32800円
ZenFone Go D/au 650円 14800円
FUJITSU arrows M03 D/au 1380円 32800円
HUAWEI P10 Plus D 2800円 64800円
P10 D 2500円 57800円
P10 lite D 1200円 26800円
nova D/au 1500円 34800円
nova lite ドコモ 850円 19800円
Alcatel SHINE LITE D/au 800円 18800円
IDOL4 D/au 1250円 29800円
シャープ AQUOS SH-M04-A D/au 1050円 24800円
SH-N01 ドコモ 1100円 25800円
Motorola Moto Z2 Play ドコモ 2080円 49800円
Moto G5 Plus ドコモ 1380円 32800円
VAIO VAIO Phone A ドコモ 850円 19800円
ZTE Blade V8 D/au 1500円 34800円
ONKYO GRANBEAT D 3400円 79800円
Trinity NuAns NEO D/au 1800円 42800円
CAT S40 D 1700円 39800円

IIJmioの契約の流れ

0.動作確認端末を確認
→今使っている端末を使いたい人は確認を。ドコモ系端末ならほぼ使えます。

1.MNP予約番号を取得
乗り換えの人のみ

2.IIJmioに申し込み
→プランの選択・情報の入力

3.SIMカードが届く

4.webで開通手続き

5.SIMカードを挿入し、端末の設定

IIJmioのキャンペーン

SIMカード追加・交換・変更手数料2,000円割引キャンペーン
IIJmioが2017年8月8日よりSIMカード追加手数料2,000円割引キャンペーン・SIMカード交換・変更手数料2,000円割引キャンペーンを開始しました。SIMの追加・交換・変更が無料になるキャンペーンです。全てのキャンペーンは2017年10月2日までです。SIMを追加契約・機種変更を考えている方はお早めに!

サマーセールキャンペーン
IIJmioが2017年6月1日よりサマーセールキャンペーンを開始しました。対象端末と音声通話SIMを申し込むと最大10,000円のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンです。キャンペーンは2017年9月4日までです。スマホセットをかなり安く購入できるキャンペーンなのでお見逃しなく!

過去のキャンペーン

通話定額オプションをはじめようキャンペーン
IIJmioが2017年5月1日より通話定額オプションをはじめようキャンペーンを開始します。通話定額オプションが1ヶ月無料になるキャンペーンです。キャンペーンは2017年6月30日までです。10分かけ放題はMVNOではほとんどないオプションです。お早めに!

1年間月額料金400円割引キャンペーン
新規契約で1年間毎月400円割引されるキャンペーンです。計4800円も割引されるので非常にお得です。2月20日から2017年6月5日までのキャンペーンです。お早めに。

追加SIM手数料0円キャンペーン
追加SIMの追加手数料が通常2000円のところ0円になるキャンペーンをやっています。2月20日から2017年6月5日までのキャンペーンです。お早めに。

SIMサイズ変更・交換0円キャンペーン
SIMサイズの変更やSIMカードの交換が通常2000円のところ0円になるキャンペーンをしています。機種変更などをするときにかかるお金を節約できます。2月20日から2017年6月5日までのキャンペーンです。お早めに。

最大10000円おトクキャンペーン
新規契約で対象端末12機種と音声通話SIMを同時に申し込むと3000円〜10000円のAmazonギフト券がプレゼントされるキャンペーンです。IIJmioにしては割引額が高いのでスマホを狙っていた方にオススメです。4月7日から2017年6月5日までのキャンペーンです。お早めに!

Amazonギフト券プレゼントキャンペーン
スマホをセットで買うと最大5000円分のAmazonギフト券が貰えるキャンペーンです。対象のスマホはZenFone3など全8機種です。2月20日から2017年3月31日までのキャンペーンです。お早めに。

追加SIMが3ヶ月0円キャンペーン
追加SIMの追加手数料が通常2000円のところ0円に、さらに追加SIMの利用料400円/月が翌月から3ヶ月無料になるキャンペーンをやっています。2017年2月15日までのキャンペーンです。お早めに。

ローソン限定・クーポンカード増量中
ローソンで売っているデータのクーポンカード限定で20%増量キャンペーンをやっています。2GBは2.4GBに、500MBは600MBに増量されます。2017年1月31日までのキャンペーンです。お早めに。

富士通arrowsM03アマゾンギフト券プレゼント
富士通のarrowsM03を購入するとアマゾンギフト券が3000円分貰えるキャンペーンをやっています。2017年1月9日までのキャンペーンです。お早めに。

ご愛顧感謝キャンペーン
150万回線突破記念で、プレゼントキャンペーンをやっています。第三弾はiROBOTのブラーバジェットかデータチャージのクーポンが当たります。2016年12月25日までのキャンペーンです。お早めに。

SIMサイズ変更0円キャンペーン
SIMサイズの変更が通常2000円のところ0円になるキャンペーンをしています。機種変更などをするときにかかるお金を節約できます。2016年12月25日までのキャンペーンです。お早めに。

2017/6/29 Moto Z2 Play取り扱い開始
2017/6/23 ZenFone Zoom S・AR取り扱い開始
2017/6/1 20GB/30GBのデータ量追加
2017/5/1 誰とでも5分かけ放題が10分に拡大
2017/4/7 最大10,000円おトクキャンペーン開始・VAIO Phone A/Moto G5 Plus取り扱い開始
2017/3/3 HUAWEI nova/nova lite取り扱い開始
2017/2/17 キャンペーン更新
2017/1/27 格安スマホ更新
2017/1/16 キャンペーン更新
2017/1/7 iPhone対応状況を追加